2019年01月12日

住宅ローン減税拡充!「かけこみ購入」は不要!?

 2018年末に決まった19年度与党税制改正大綱では、消費税率引き上げに伴い、住宅ローン減税の拡充などの経済対策が盛り込まれた。

 大綱では、税率10%が適用され、20年12月末までに入居できる物件に対し、現状は10年目までとなっている住宅ローン減税の期間を3年間延長するとした。10年目までは現状と同じく、年末のローン残高の1%(100円未満切り捨て)を所得税などから毎年差し引く。11〜13年目については 
@ローン残高の1% A建物価格の2%を3等分した額 ――― の二つを毎年比べ、少ない方を減税額とする。

 すまい給付金は現状、年収の目安が510万円以下の人を対象に最大30万円を給付する。税率10%時にはこれを拡充し、21年12月末までの入居なら、年収の目安が775万円以下の人に最大50万円の給付とする。


11.jpg
2019年1月10日 読売新聞より引用


1.png
2018年12月11日 日本経済新聞より引用
posted by トラスティ at 15:45| Comment(0) | 不動産お得情報!