2019年01月12日

住宅ローン減税拡充!「かけこみ購入」は不要!?

 2018年末に決まった19年度与党税制改正大綱では、消費税率引き上げに伴い、住宅ローン減税の拡充などの経済対策が盛り込まれた。

 大綱では、税率10%が適用され、20年12月末までに入居できる物件に対し、現状は10年目までとなっている住宅ローン減税の期間を3年間延長するとした。10年目までは現状と同じく、年末のローン残高の1%(100円未満切り捨て)を所得税などから毎年差し引く。11〜13年目については 
@ローン残高の1% A建物価格の2%を3等分した額 ――― の二つを毎年比べ、少ない方を減税額とする。

 すまい給付金は現状、年収の目安が510万円以下の人を対象に最大30万円を給付する。税率10%時にはこれを拡充し、21年12月末までの入居なら、年収の目安が775万円以下の人に最大50万円の給付とする。


11.jpg
2019年1月10日 読売新聞より引用


1.png
2018年12月11日 日本経済新聞より引用
posted by トラスティ at 15:45| Comment(0) | 不動産お得情報!

2017年12月22日

2018年度税制改正大綱が公表されました!

2018年度税制改正大綱が公表されました。

中古住宅取得後に耐震改修工事をした場合の特例措置 等。

詳しくは下記をご確認下さい!

【国道交通省(住宅局)】
平成30年度国土交通省税制改正事項(住宅局関係抜粋)
http://www.mlit.go.jp/common/001214507.pdf



posted by トラスティ at 12:16| Comment(0) | 不動産お得情報!

2017年01月14日

中古購入の40歳未満 住宅改修 最大65万円補助

 国土交通省は、中古住宅を購入し、省エネや耐震改修などのリフォーム工事を行った人に、最大で65万円を補助する新たな制度を作り、2月にも申請の受け付けを始める。
補助対象を40歳未満に絞り、子育て世帯など若年層の住宅取得を後押しする。
中古住宅やリフォーム市場を活性化させ、空き家の増加に歯止めをかける狙いもある。
 対象となるのは、中古住宅を購入した40歳未満の人で、専門家に建物の劣化状況などを検査してもらう「インスペクション(住宅診断)」を受けることなどが条件だ。住宅診断と省エネリフォームにかかる費用について最大で50万円を補助し、耐震改修を行う場合はさらに15万円が上乗せされる。補助金は宅建業者などが住宅購入者に代わって国に申請し、購入代金から補助額を差し引く仕組みだ。
同省は1万戸以上の利用を見込んでいる。
2017年1月13日 日本経済新聞より引用


弊社にも住宅メンテナンス診断士・ホームインスペクターが在籍しております!
→詳細ページはコチラから 


2016年08月28日

中古住宅購入時に最大50万円の改修補助金

政府は中古住宅を購入する際に必要なリフォーム工事の費用を、1件当たり最大で50万円補助する制度を創設する。
欧米に比べて少ない中古住宅の取引を活発にし、深刻になっている空き家問題の解消につなげる。
対象を40歳未満の購入者に絞り、若年層が使えるお金を増やして個人消費を底上げする狙いもある。

リフォームの施工業者が中古住宅の購入者に代わって国の事務局に申請し、補助金を受け取って工事代を安くする仕組みを想定している。申請の際には、専門家が物件の傷み具合を判断する住宅診断を受けていることが条件になる。

補助額は住宅診断にかかる5万円のほか、耐震補強や省エネ改修などリフォームの内容に応じて最大50万円とする。

不動産お得情報.jpg
2016年8月21日 日本経済新聞より引用

弊社にも住宅メンテナンス診断士・ホームインスペクターが在籍しております!
→詳細ページはコチラから 



2016年07月29日

住宅ローン減税延長!

自民党の税制調査会は、幹部会合で、消費税率の引き上げの再延期に伴い、引き上げたあとの住宅市場の冷え込みを抑える必要があるとして、「住宅ローン減税」の適用期限も2021年・平成33年12月まで、2年半延長する方針を確認しました。

一方、消費税率の引き上げに合わせて実施される一部の品目の税率を据え置く「軽減税率」に関連して、事業者の納税額を正確に把握するために税率や税額を記載する請求書「インボイス」を導入する時期も2023年・平成35年10月に2年半延期する方針で一致しました。

住宅ローン減税延長.jpg

posted by トラスティ at 11:21| Comment(0) | 不動産お得情報!

2016年05月26日

木造住宅耐震改修工事補助制度(枚方市・八幡市) 

地震による住宅の被害を最小限にするためには、住宅の耐震性の確保が重要です。

耐震診断の結果、倒壊の可能性があると判定された住宅の耐震改修工事費に対する補助制度があります。

制度概要等、詳しくは
 ☆枚方市ホームページへ→ビル

   枚方市は募集戸数に制限なし

 ☆八幡市ホームページ→ビル

   八幡市は募集戸数に制限有

 
    ●耐震改修工事・募集戸数 20戸(申込み多数の場合は先着順)
             ※残13戸 2016年5月23日現在※
              
    ●簡易耐震改修工事   5戸(申込み多数の場合は先着順)
             ※残5戸 2016年5月23日現在※
posted by トラスティ at 12:15| Comment(0) | 不動産お得情報!

2016年04月01日

2016年4月1日法施行!相続取得売却 3000万円控除開始!

国交省案によると、相続して3年以内に取り壊しや耐震リフォームをして、建物や土地を売却した場合に譲渡所得から3千万円を特別控除する。
空き家は相続を機に発生することが多く、売却を促す狙いがある。
対象は
 (1)1981年5月以前の築の区分所有以外家屋つまり旧耐震の戸建住宅とその敷地に限定
 (2)耐震リフォーム等で耐震基準適合の家屋土地売却または更地化しての土地売却
 (3)相続後に事業用賃貸用居住用に供されない
 (4)売却価格が1億円以下
 (5)相続時から3年後の年末までの売却。2016年4月以降の譲渡から適用

また、新規に「三世代同居」に向けた二世帯リフォームに係る減税措置も要望する方向。
posted by トラスティ at 12:22| Comment(0) | 不動産お得情報!

枚方市不動産無料相談会 byF

枚方市役所のご協力もと市民の皆様の為にと・・・

枚方市市民相談の一つとして平成27年12月18日(毎月第三金曜日)より

公益社団 全日本不動産協会大阪東支部主催の不動産無料相談会

枚方市市民会館ビルにて行われています。

不動産事(取引・空き家問題等々)なんでもお気軽にご相談頂ければ幸いですわーい(嬉しい顔)

DSC_0576.JPG

これからも基本毎月第三金曜日に行います。

告知パンフレットは枚方市役所 市民相談課ブースパンフレット棚及び毎月発行の市民広報誌に掲載される予定でございます。

猫後日談猫
毎月、定員近くの方がご相談に来られています!

posted by トラスティ at 12:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2016年02月11日

マイナス金利政策でさらに低く

三菱東京UFJ銀行詳細へ

三井住友信託銀行詳細へ


posted by トラスティ at 17:05| Comment(0) | 不動産お得情報!

2015年06月01日

空き家対策特措法施行

倒壊などの危険性が高い空き家に対して、
所有権への撤去・修繕命令や強制撤去などの自治体の権限を明記した
特別措置法が5月26日前面施行された。

住宅の供給過多と人口減少を背景に、空き家は増え続けている。
国がまとめた2013年の空き家率は全国で13.5%(820万戸)である。

詳しくは空き家対策特措法施行(国土交通省)

150601空家.jpg
posted by トラスティ at 12:04| Comment(0) | 不動産お得情報!

2015年04月24日

すまい給付金に関するお知らせ

”すまい給付金”の申請期限が
            1年以内から1年3ヶ月に延長


従来、住宅の引渡しから1年以内としていた申請期限が、確定申告時期に合わせて
申請・問い合わせが増加していることなどから、当面の間1年3ヶ月に延長となりました。
※今後の実施状況を踏まえ、当該延長措置を終了することがありますのでご注意ください。

すまい給付金とは?→家

終了する際も、上記HP家で告知されるようです。

posted by トラスティ at 12:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2014年06月28日

主任者から士へ、宅建業法を改正

宅地建物取引主任者から”宅地建物取引士”へ

名称変更を盛り込んだ改正法案が6月18日参議院本会議で可決、成立しました。
法改正の背景には、宅地建物取引主任者(宅建取引主任者)の役割が大きくなっていることがあります。
宅地や建物を取引する際に果たすべき責任の増大や、中古住宅の円滑な流通に向けた関係者との連携などです。

改正では、宅建取引士を宅地や建物の取引の専門家として位置付けます。
そのうえで、購入者などの利益の保護や、宅地や建物の円滑な流通に資することを求めています。
また、信用失墜行為の禁止や、知識および能力の維持向上に努めることも条文に盛り込まれました。そして、宅建事業者は、従業員に対し、業務を適正に実施させるため、必要な教育を行うよう努めることも求めています。

詳しくは→ひらめき

posted by トラスティ at 00:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2014年03月08日

2014年度 太陽光買い取り価格決定

太陽光で発電された電力の2014年度の
買い取り価格は、1kw当たり事業用で32円に、
家庭用で37円(13年度38円→14年度37円)に
いずれも引き下がることが経済産業省の委員会で了承されました。
posted by トラスティ at 17:01| 不動産お得情報!

2014年01月18日

「フラット35」は9割融資から10割融資へ

国交省は住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」の
融資額を引上げます。住宅購入額の9割だった融資額上限を撤廃し、
10割ローンを可能にします。

3000万円のマイホームを購入するとします。
フラット35なら1割の自己資金300万円が必要でした。
「頭金1割ぐらい貯めてから買え」と言われても、諸費用分も必要だし、300万円貯めるのは大変なこと。月5万円で60ヶ月。しかし35年返済の住宅ローン300万円分への返済額なら月1万円程度です。
生活費を削って苦労して300万円を貯めるより、月々1万円返済の方がずっと楽。頭金なしで早く買い、繰上返済を目指し貯金ができればいいのですが・・・

それにローンでマイホームを買えば、家賃よりローン返済が少なくなり、生活は楽になります。

今の家賃と支払いをお比べ下さい。
posted by トラスティ at 17:26| 不動産お得情報!

2014年01月17日

住宅ローン控除と給付金

住宅ローン減税拡充
平成26年4月からは、住宅ローンを利用する人を対象に、ローン残高 に応じて所得税などを減らせる住宅ローン減税も拡充されます。
消費税率が8%に上がるのと同じタイミングで減税することで、 住宅を買う人の負担を減らすのが狙いだ。
今年1月に決まった13年度税制改正大綱に盛り込まれた。

住宅ローン減税は、原則として、年末のローン残高の1%分を10年間、所得税などから減らすことができる。減税額の上限は、平成26年3月までに購入する場合は年20万円、10年間合計で200万円だが、4月以降に購入すると、年40万円、10年間で400万円と2倍に拡充されます。
さらに、省エネ性能に優れているなど品質の高い住宅だと、減税額は10年間合計で最大500万円となる。

詳しくは NEW

posted by トラスティ at 17:00| 不動産お得情報!

2013年01月21日

住宅ローン控除と給付金

自民、公明両党は16日、住宅ローン減税について、
所得税などの納税額を減らせる(控除できる)金額を
年間で最大50万円(10年間で最大500万円
にする拡充策を決めました。

現行では平成25年12月31日までは
年間で最大20万円(10年間で最大200万円)ですが、
最大50万円の拡充となります。
(減税できる金額は徐々に減らしていくようですが…… )

また、納税額が少なく、
住宅ローン減税の恩恵を十分受けられない
中低所得者には給付金が出るそうです。

詳しくは… ひらめき

※税制法案は最終決定されていないので
今後の政府の動向を要チェックです。
新規情報が出ましたら、追って更新します。
posted by トラスティ at 00:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2013年01月19日

金利は上昇傾向?

不動産を購入する際、多くの方が住宅ローンを組まれるかと思います。

大胆な金融緩和で、景気対策を行う安倍政権になった今、
その金利が上昇傾向にあるだろうとの見方が強まっています。

住宅購入に向けて、住宅ローンを考えていらっしゃる方。
ご一考の材料の一つにされてはいかがでしょうか?
posted by トラスティ at 00:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2012年07月13日

個人向け住宅ローン!

個人向け住宅ローン 全体の割合
平成22年度は「変動金利型」の割合が最も多く(52.9%)
次いで「固定金利期間選択型(10年)」
多くなってます(17.2%)

※詳しくはクリックして画像を拡大して下さい
posted by トラスティ at 00:00| 不動産お得情報!

2012年06月07日

平成24年度 税制改正について

登録免許税┗━━━━━━━━━━━━━━━━━
 都市の低炭素化の促進に関する法律に規定する、認定低炭素住宅の新築等をする場合の 所有権の保存登記等に対する税率の軽減措置について、所有権の保存登記、移転登記共に1,000分の1になります。(平成26年3月31日迄)
 認定低炭素住宅について ひらめき 
詳しくは ひらめき

不動産取得税
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇住宅及び土地の取得に係る標準税率(本則4%)を3%と
  する特例措置が、平成27年3月31日まで延長となりました。
 ◇宅地評価土地の取得に係る課税標準を価格の2分の1と
  する特例措置が、平成27年3月31日まで延長となりました。
 ◇認定長期優良住宅の新築に係る課税標準の特例措置に
  ついて平成26年3月31日まで延長となりました。

 不動産取得税について大阪府の場合 ひらめき
 不動産取得税について京都府の場合 ひらめき

所得税の減税措置住宅ローン控除
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━
 都市の低炭素化の促進に関する法律に規定する
 認定低炭素住宅の新築等をした場合における
 住宅ローン控除の特例が決まりました。
 
 詳しくは ひらめき

所得税の減税措置
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

 税額控除額の上限額を50万円(現行100万円)に引き下げた
 上、適用期限が2年延長となりました。
 (平成25年12月31日迄)
  (注) この改正は、平成24年1月1日以後に認定長期優良
     住宅を居住の用に供する場合について適用。

固定資産税と都市計画税
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新築住宅に係る固定資産税の減額措置
 適用期限が2年延長となりました。(平成26年3月31日まで)

 認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置
 適用期限が2年延長となりました。(平成26年3月31日まで)

固定資産税について枚方市 ひらめき
都市計画税について枚方市 ひらめき