2015年04月24日

すまい給付金に関するお知らせ

”すまい給付金”の申請期限が
            1年以内から1年3ヶ月に延長


従来、住宅の引渡しから1年以内としていた申請期限が、確定申告時期に合わせて
申請・問い合わせが増加していることなどから、当面の間1年3ヶ月に延長となりました。
※今後の実施状況を踏まえ、当該延長措置を終了することがありますのでご注意ください。

すまい給付金とは?→家

終了する際も、上記HP家で告知されるようです。

posted by トラスティ at 12:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2014年06月28日

主任者から士へ、宅建業法を改正

宅地建物取引主任者から”宅地建物取引士”へ

名称変更を盛り込んだ改正法案が6月18日参議院本会議で可決、成立しました。
法改正の背景には、宅地建物取引主任者(宅建取引主任者)の役割が大きくなっていることがあります。
宅地や建物を取引する際に果たすべき責任の増大や、中古住宅の円滑な流通に向けた関係者との連携などです。

改正では、宅建取引士を宅地や建物の取引の専門家として位置付けます。
そのうえで、購入者などの利益の保護や、宅地や建物の円滑な流通に資することを求めています。
また、信用失墜行為の禁止や、知識および能力の維持向上に努めることも条文に盛り込まれました。そして、宅建事業者は、従業員に対し、業務を適正に実施させるため、必要な教育を行うよう努めることも求めています。

詳しくは→ひらめき

posted by トラスティ at 00:00| Comment(0) | 不動産お得情報!

2014年03月08日

2014年度 太陽光買い取り価格決定

太陽光で発電された電力の2014年度の
買い取り価格は、1kw当たり事業用で32円に、
家庭用で37円(13年度38円→14年度37円)に
いずれも引き下がることが経済産業省の委員会で了承されました。
posted by トラスティ at 17:01| 不動産お得情報!

2014年01月18日

「フラット35」は9割融資から10割融資へ

国交省は住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」の
融資額を引上げます。住宅購入額の9割だった融資額上限を撤廃し、
10割ローンを可能にします。

3000万円のマイホームを購入するとします。
フラット35なら1割の自己資金300万円が必要でした。
「頭金1割ぐらい貯めてから買え」と言われても、諸費用分も必要だし、300万円貯めるのは大変なこと。月5万円で60ヶ月。しかし35年返済の住宅ローン300万円分への返済額なら月1万円程度です。
生活費を削って苦労して300万円を貯めるより、月々1万円返済の方がずっと楽。頭金なしで早く買い、繰上返済を目指し貯金ができればいいのですが・・・

それにローンでマイホームを買えば、家賃よりローン返済が少なくなり、生活は楽になります。

今の家賃と支払いをお比べ下さい。
posted by トラスティ at 17:26| 不動産お得情報!

2014年01月17日

住宅ローン控除と給付金

住宅ローン減税拡充
平成26年4月からは、住宅ローンを利用する人を対象に、ローン残高 に応じて所得税などを減らせる住宅ローン減税も拡充されます。
消費税率が8%に上がるのと同じタイミングで減税することで、 住宅を買う人の負担を減らすのが狙いだ。
今年1月に決まった13年度税制改正大綱に盛り込まれた。

住宅ローン減税は、原則として、年末のローン残高の1%分を10年間、所得税などから減らすことができる。減税額の上限は、平成26年3月までに購入する場合は年20万円、10年間合計で200万円だが、4月以降に購入すると、年40万円、10年間で400万円と2倍に拡充されます。
さらに、省エネ性能に優れているなど品質の高い住宅だと、減税額は10年間合計で最大500万円となる。

詳しくは NEW

posted by トラスティ at 17:00| 不動産お得情報!